ルイヴィトンcollection


ルイヴィトンTOP > 保管方法

ルイヴィトン製品の保管方法

ここでは財布 バッグ等の皮革製品の保管方法について紹介します。人気の高級ブランドはヨーロッパの気候に合わせて作られているものがほとんど。 夏場は高温多湿となる日本、保管方法を失敗すると気候の違いにより生じるトラブルもおきますので保管にも注意が必要です。

適度な間隔を保ち空気のよい上段に保存

財布のように柔軟性が要求されるにものに使用される接着材は乾いても固くならないものが使用されています。そのため水分を吸収しやすいといった性質をもっているものが多く使われています。湿気の多い日本では、欧米で想定されているよりも接着材が水分を吸い取り、じんわりと溶け出しシミになったりします。湿気の影響を防ぐため、収納はクローゼットや押入れの中でも空気の通りのよい上段が最適です。

収納用の箱に乾燥材を入れる

購入時に最初から入れてある乾燥材は捨てずに取っておきましょう。ない場合には市販の収納用乾燥材でもOK。湿気をなくすことで金具部分のサビなども予防できます。ただし、乾燥材の入れすぎには注意が必要です。入れすぎた場合、革の水分まで吸い取り、革の痛みが早くなる恐れがあります。