ルイヴィトンcollection


ルイヴィトンTOP > モノグラム・マルチカラー 財布

ルイヴィトン

モノグラム・マルチカラーはマーク・ジェイコブスと現代美術アーティスト村上隆とのコラボレートで2003年春夏コレクションにて登場。モノグラム・マルチカラーの華やかな色彩を生み出すのには合計33色もの色が使われています。 カラーはノワール(黒)、ブロン(白)の2色展開。マルチカラーは登場以降、その人気は止まる事を知らず、スピーディ、キーポル、トゥルーヴィル、アルマなどルイヴィトンを代表するアイコンモデルが次々とモノグラム・マルチカラーでリメークされました。 2003年春夏コレクションは モノグラム・マルチカラー EYE LOVE MONOGRAM、モノグラム・チェリーブラッサム、モノグラム・マルチカラーの3ラインで展開。 同コレクションではLVパンダ、フラワーハットマン、オニオンヘッドなどユニークでカラフルなキャラクターも登場しました。



ルイヴィトン モノグラム・マルチカラー開発者 村上隆 / マーク・ジェイコブス

村上隆

村上 隆 (むらかみ たかし)

マーク・ジェイコブスとのコラボレーションで一躍世界的に有名になった日本が誇る現代美術アーティスト。 村上隆氏が制作したルイヴィトン アニメ『SUPERFLAT MONOGRAM(スーパーフラット・モノグラム)』は世界各地のルイヴィトン合計18店舗で放映。 アーティスト集団 有限会社カイカイキキの代表。

マーク・ジェイコブス

Marc Jacobs (マーク・ジェイコブス)

ニューヨーク出身のデザイナ−。芸術分野で名高いパーソンズ・スクール・オブ・デザインを主席で卒業。 1998年ルイヴィトンのアーティスティック・ディレクターに就任。初期のコレクションは伝統あるブランドに相応しくないと評価されるが、 1998年モノグラム・ヴェルニの発表でその評価は一新。その類まれなる才能はルイヴィトンに革新をもたらしました。


モノグラム・マルチカラー 財布 人気ランキング

ランキング1位 ポルト トレゾール・インターナショナル ポルト トレゾール・インターナショナル スナップ式フラップ付きの長財布。収納性、機能性ともに優れています。
ランキング2位 ポルトフォイユ・コアラ ポルトフォイユ・コアラ コアラの鼻のようなプレスクリップ金具が印象的な財布。プレスロック金具は開閉も便利。
ランキング3位 ポルト モネ・ビエ ヴィエノワ ポルト モネ・ビエ ヴィエノワ M92987 独立したがま口金具の小銭入れは硬貨の取り出しに便利。各ラインで大人気のルイヴィトンのお財布です。
ランキング4位 ポルト モネ・ビエ カルトクレディ ポルト モネ・ビエ カルト クレディ 片面がスナップ式コインケース、反対側が札入れになっているWホックタイプの財布。独立したコインケースは機能性に優れ、普段使いに最適です。
ランキング5位 ポルト モネ・プラ ポルト モネ・プラ スナップ式フラップ付きのしっかりと収納ができるコインケース。
ルイヴィトン モノグラム・マルチカラー カラーバリエーション

※画像か文字をクリックすると指定の色のモノグラム・マルチカラーの財布が一覧表示されます

ブロン

ノワール



コレクションに華を添えたユニークなキャラクター

LVパンダ


LVパンダ

フラワーハットマン


フラワーハットマン

オニオンヘッド


オニオンヘッド



モノグラム・マルチカラー 財布 商品一覧



ルイヴィトン モノグラム・マルチカラーキャンバスのお手入れ

PVC加工を施しているモノグラム・キャンバスのメンテナンスのポイントは汚れ落としです。皮革部分には月に一度ミンクオイルで栄養を与えてやることで財布が長持ちします。

1 PVC加工がされている部分のお手入れ

乾いた布で表面のほこりや汚れを拭き落とします。頑固な汚れには、水に濡らしてきつく絞った布で、表面をこするようにして落とします。プリント部分は強くこすると剥げるので注意が必要です。

2 皮革部分のお手入れ

しっかりと汚れを落とした後に、スムースレザー用クリームを乾いた布につけて、布をよく揉んでから皮革部分全体に塗ります。乳化性なので伸びがよく、薄く伸ばすように塗っていきます。クリーナーは汚れから守るだけでなく、油分が皮革に栄養を与えます。

3 皮革部分のお手入れ

柔軟性と防水性を備えたミンクオイルで皮革に栄養を与えます。ミンクオイルには乾燥防止効果もあります。乾いた布にオイルをつけてマッサージをするように塗り、その後、乾燥した布で拭きます。

4 仕上げにスプレー

仕上げは皮革用の防水スプレーを15cm〜20cm離してまんべんなく吹きかけ、防水効果を高めます。

※お手入れ等はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。当サイトで知り得た情報を元に損害が生じた場合でも、一切の責任は負いかねますのでご了承ください。