ルイヴィトンcollection


ルイヴィトンTOP > 偽物を見極める方法とは

ルイヴィトンの偽物を見極める方法とは

まず基本的なところで覚えていただきたいのが、ブランド品の真贋を100%判断できるのは、その商品を作ったブランドメーカー(専属の鑑定員)だけ ということです。このページで言う偽ブランド品とは精巧な偽造品の事。路上販売、激安ディスカウントショップで売っているような、わかりやすい偽物のことではありません。

後、これも覚えておいて下さい。
ルイヴィトン製品と同じものを作れる技術が市場には普通にあるということです。

ルイヴィトン モノグラムを例にすれば、素材の大部分はキャンバス地にコーディングを施したものなので、 同質のものを作るのは難しいことではありませんし、またハンドル部分に使われている革などは同質のものが市場には存在します。 高額のブランド品は確かによい材料、職人を使っていますが、製品コストの部分で考えれば小額です。 偽物業者は粗悪な素材を使い、できるだけ多くの利益を得ようとするのが一般的ですが、 中には本物と同様にコストをかけ、限りなく本物に近い商品を作る業者もいるということです。

既に、世界の紡績産業は中国へ移行しているといっても過言ではありません。 日本の職人も含め世界が中国の縫製技術の高さを認めております。 日本の多くの皆様は「MADE IN CHINA」は粗悪品といった認識を持たれておりますがこれは間違った認識です。 優れた品質で有名な日本製品も実はコストのかかるめんどくさい部分は中国で製造し、未完成品として日本に輸入し日本で製品として完成をさせ、 「MADE IN JAPAN」として売っている製品は沢山あります。 また、日本の縫製工場を見て下さい。非常にたくさんの中国人が勤務しております。 日本の工場で技術を学んだ中国人はやがて中国に戻り、さらに中国国内の技術を高めています。

当然、日本の皆様が知っているような日本のミシンメーカーの取引先も中国が大きな部分をしめております。 中国には日本、世界のミシンメーカーが提供する最新の機械、覚えがはやく手先の器用な若い人、 日本や世界で技術を学び、その後中国で活躍する人など、もはや中国は世界の工場となっています。 世界的な技術を持つ中国、日本で学び流暢な日本語を話す中国人、それを利用して儲けようとする悪い日本人。 今は高い技術と手軽に販売できる環境(ネット販売、オークションなど)、 より簡単に、そしてわかりにくく偽物を販売する環境が身近にある時代となっております。

●鑑定士ならブランド品の鑑定ができるのでは?

そもそもブランドの鑑定を目的とするそのような資格は存在しません。ブランド品販売業者の中には専任の鑑定士を置いているから安心、 そう宣伝していところもありますが、その鑑定士というのはその企業だけが認めただけのもの。公的な不動産鑑定士のようなものではありません。 本一冊読んで鑑定士と名乗る人もいれば、何十年もの鑑定経験を持ち、そう名乗る人など実にさまざまです。 いずれにしても資格に必要な一定の基準というものが存在しません。未熟な鑑定の為、裁判沙汰にまでなったトラブルは数え上げればきりがありません。 ある質屋さんの鑑定では偽物と言われたけれど、その商品は本物だった。逆に本物と思って購入したが偽物だった。そのような話はよくある話です。

日本流通自主管理協会が認定する「協会基準判定士」という資格があります。その名の通り協会の定めた基準で商品を判別できる者に 与えられる資格です。この協会にブランドメーカーが参加しているのなら、意味がある資格と判断できますが現状はそうではありません。 ブランドメーカーではないものが作った基準です。蓄積されている情報には少し疑問が残ります。 ですが日本流通自主管理協会の専任担当者の実力は相当なものです。この担当者の判断ならまず間違いのないものといってよいでしょう。 協会の真贋鑑定者はセミナーを行い、その知識広めるいわば教師のような存在。協会の存在意義を問われる大事な仕事だけに、間違い等はまず起こしません。 問題はその情報量と協会基準判定士への情報提供です。メーカーではないので当然情報量は限られます。 また学校で凄く優れた教師が教えたとしても、理解に時間がかかる生徒がいるように、協会基準判定士にもできのよい生徒と悪い生徒が当然おります。

●ブランド品の真贋を鑑定するマニュアルなら大丈夫?

このようなマニュアルは実在します。陳腐な内容ですが歌い文句は凄い!「これさえあればブランドショップが開業できる」こんな感じです。 このようなマニュアル販売者と偽ブランド品業者が密接な関係というのもよくあることですし、偽ブランド品業者がこのようなマニュアルを販売している場合も あります。その掲載されている内容を信じた人に、そのマニュアルでは判定できない偽ブランド品を売りつける。これも一つの手口ですね。 一般人がブランド品を安価に購入するために、商品で真贋を鑑定することは危険です。またその力をつけ利用しようとすることは、 自ら詐欺師が待つ土俵に上がるようなものです。詐欺師は常に世間の一歩先を進みます。そうしなければ生きていけないからです。 こちらは遊びでも詐欺師は本気です。生活をかけて違法行為に手を染めている者の力というのは計り知れません。君子 危うきに近寄らず」これが一番です。

最後に確かに偽物を見極める方法は存在しています。ブランド品買取業者が存在しているのも、その方法が存在する証拠ですね。 でも残念ならがその確実に判断できる情報というのはインターネットや書籍には存在しません。偽物を見極めるにはより多くの商品知識、 商品の真贋を総合的に判断できる経験が必要です。面白い話、本物でもロゴが逆に縫製されているもの、縫製が甘いものなど、 一見偽物ではないかと思う商品も存在するんですよ。えぇ〜高級ブランドなのにぃ〜?と思われるかもしれませんが、 それは日本人がブランド品に対して過剰な思い込みです。ブランド品だって工場で作られるもの、そのようなミスは普通にあります。 さて本題に戻りますが、そのミスにより市場に流通してしまった商品は偽物でしょうか?インターネットや書籍からの情報だと偽物という判断になりますが、 実際は作った職人のミスであり、その商品は間違いなく本物です。このようなこともあるので真贋の鑑定には総合的な判断が必要なのです。 ちなみにそのようなミスのある商品、もちろん程度によりますが、海外ではよくアウトレットなどに流れています。

よく使われる言葉: 真贋(しんがん) 意味:ほんものとにせもの。 「―の鑑定」